年月日講演者講演題目開催報告
3102019/3/15江原幸雄最近のわが国の地熱発電の進展と持続可能な地熱発電技術HTML
3092019/1/18藤田勝代ジオ鉄10年目の活動と広がり
3082018/12/14小疇 尚北海道十勝地方のアースハンモックHTML
佐野晋一ミャンマーの石灰岩から白亜紀中頃の礁性生物の進化史を探る
3072018/7/20小林 茂埋もれた戦時期地球観測データとその利用HTML
3062018/5/18増田富士雄大阪・神戸・京都の沖積層に関するトピックス:ダイナミックな地層の解析からHTML
3052018/3/16川辺文久東京都産のトウキョウホタテ標本を探るHTML
3042018/1/19吉田武義東北日本弧のマグマ供給系と地殻・マントル構造HTML
3032017/12/15南雲直子トンレサップ湖の拡大が洪水特性および微地形の形成に与える影響に関する研究HTML
三宅優佳甑島列島における白亜系を含む東アジア東岸の白亜紀後期の海生動物相の復元
3022017/9/22西川 治ノルデンショルド一行の世界史的偉業と東京地学協会創立時の国際的文化行事HTML
3012017/07/21高田 亮宝永噴火後300年の富士山
3002017/03/14森下泰成西之島火山の噴火と島の拡大HTML
2992016/12/16青山雅史東北地方太平洋沖地震による内陸部における液状化被害に関するインベントリー作成HTML
田中耕市地理的条件からみた「津波からの避難しやすさ」の定量的評価
2982016/09/09芝原暁彦大型3D地形模型による情報分析手法
2972016/07/29澤田結基風穴のしくみと活用の取り組みHTML
清水長正全国風穴小屋マップの作成と、松本市・稲核における先駆的研究の実証
2962016/05/20大山正雄温泉と地熱発電との共存についてHTML
2952016/03/14乙幡康之コケ植物の分布特性と生育環境HTML
羽田麻美コケ植物による生物風化作用
2942015/12/18大木優利天然資源と紛争の政治地理学-フィリピン・ミンダナオを事例として-
2932015/11/16西川 治伊能忠敬の世界的偉業HTML
2922015/10/23白木健一日本の人造宝石技術、その一断面−青年宮沢賢治から青色LED用サファイアまで−PDF
2912015/07/24上野将司最近のシルクロードを訪ねて-海面下の灼熱の沙漠から氷河のかかる高山へHTML
2902015/05/23Murray GrayGeodiversity and its role in geoconservation , geoparks and geotourismHTML
2892015/02/06霜越彩美筑波山地域の日本ジオパーク認定に向けた取組HTML
野末たく二ジオの魅力を体感する山懐の魅力HTML
2882014/12/19藤田勝代ジオ鉄マップとは?-自然を楽しむ鉄道旅行の魅力HTML
2872014/10/03小原泰彦海洋底科学と海底地形名HTML
2862014/07/25大久保泰邦ASEAN鉱物資源データベース-アジアの資源地質情報の整備事例HTML
2852014/06/14漆原和子スロベニアのカルスト地形HTML
2842014/03/15三田直樹微生物がつくり、人が護る:「天然記念物”オンネトー湯の滝マンガン酸化物生成地”」と「錦沼」HTML
2832013/12/20笹田政克都内での地中熱利用事例HTML
2822013/10/26星埜由尚伊能忠敬の業績と東京地学協会HTML
2812013/09/28中村裕昭育水のすすめ 地下水の利用と保全HTML
2802013/07/20苅谷愛彦日本アルプスの大規模地すべり-第四紀地形学・地質学の観点から-HTML
2792013/04/20池田 敦岩石氷河研究の発展-地形学の発展の一例として-Geomorphology 73 279–296
2782013/02/20伊藤谷生地震探査の進捗と伊豆弧衝突帯北西部研究の新局面
2772012/12/21藤井敏嗣日本の火山噴火予知の現状と今後の火山活動
2762012/11/29安成哲三気候-植生相互作用-その地球科学的・生物科学的意味環境127 1-7
2752012/09/21鹿園直建わが国は資源大国か?-地学からの提言
2742012/07/20清川昌一太古代-原生代の海洋底環境の復元:DXCL陸上掘削の成果
2732012/04/20岩田修二氷河地形学の最近の進歩PDF
2722012/03/21島崎邦彦3.11地震から1年PDF
2712012/02/20武田精悦日本における地層処分
2702012/01/20松田時彦濃尾地震から120年,地質屋の地震・断層の研究史
2692011/12/20白尾元理探査機「かぐや」の見た月(2011年に、The Kaguya Lunar Atlas Springer 173p を刊行)
2682011/11/21榧根 勇女神の進化に現れた自然と人間の相互作用PDF
2672011/09/20若松加寿江わが国における液状化履歴と東日本大震災による液状化被害
2662011/07/15岡田義光東北地方太平洋沖地震の概要防災科学技術研究所主要災害調査48 1-14
2652011/06/20六川修一新たなフェーズを迎えた衛星リモートセンシングの高度利用-最新技術の地質分野への適用-
2652011/06/20岡村行信地層に記録された西暦865年貞観の津波
2642011/02/22小泉尚嗣地下水変位から地震前後の地殻変動を推定する試み-現状と展望-
2632011/01/20浦 環自立型海中ロボットが深海底を見る
2622010/12/17泊 次郎日本の地震予知研究の歴史
2612010/11/19伊藤谷生中部日本の地殻構造とアクティブ・テクトニクス
2602010/09/17佐藤利典沈み込み帯での地震サイクルに伴う地殻変動と地形形成
2592010/06/18田村芳彦伊豆衝突帯における地殻の再生Journal of Petrology 51 823-846
2582010/04/20今村文彦最近の地震津波による被害と影響の実態
2572010/03/19小出 仁排出削減からCO2吸収へ-温暖化防止ジオエンジニアリングの話PDF
OHP1 OHP2
2562010/02/19多田隆治タクラマカン砂漠は、いつどのようにして出来たか?
2552010/01/20加藤照之GPSによる地球科学の革新
2542009/12/18井龍康文琉球列島では第四紀に何が起きたのか?
2532009/11/20田中宏幸ミューオンによる火山体の透視
2522009/09/18纐纈一起四川大地震の震源像
2512009/07/21小川勇二郎付加体の形成の意義と今後の展望:水平テクトニクスと重力の役割(付加体をめぐる諸問題-未解決の問題と重力の役割)地学雑誌119
153-172
2502009/06/19玉木賢策国連大陸棚問題の最近事情
2492009/04/20渡辺真人動き出した日本のジオパーク
2482009/01/20水谷 仁火星の科学 入門編
2472008/12/19篠田謙一DNA解析による(が解明する)人類の起源とその拡散について地学雑誌118
311-319
2462008/11/20池田宏地形を見る目を実験で磨こう
2452008/09/19阿部勝征懸念される巨大地震と予知の現状
2442008/07/18南 武志遺跡出土 朱の起源地学雑誌117
948-952
2432008/06/20本村真澄ロシアの石油・天然ガス開発とパイプライン戦略
2422008/04/21篠原雅彦地震時などの大規模火災で発生する火災旋風
2412008/03/19石原舜三ハイテク産業に必要なレアメタル資源の現状地学雑誌117
674-677
2402008/02/20兼岡一郎「時間」を武器に地球を探る:年代測定の現状と、同位体比による地球深部の科学的環境の解明地学雑誌117
668-673
2392008/01/21小山真人1707年富士山宝永噴火
2382007/12/20平 朝彦「ちきゅう」の現状とこれからの地球科学
2372007/11/20関口嘉一二酸化炭素地中貯留の概要
2362007/09/20佐藤比呂志震源断層のマッピングに向けて:最近の被害地震から
2352007/07/20野木義史南極から見た大陸分裂
2342007/06/20白石和行南極から見たゴンドワナ形成:南極観測50年の野外調査から
2332007/04/20加藤晋平モンゴル国アウラガ遺跡の調査
2322007/03/20中山裕則衛星データから見た最近の自然災害
2312007/02/20小原一成低周波地震
2302007/01/19松原 聰新鉱物とその発見
2292006/12/20星野一男地下利用におけるROCK MECHANICSの課題、石油備蓄を例として地学雑誌116
287-293
2282006/11/20北里 洋(Deep Subsurface Biosphere)地下に広がる生物圏:地下圏生物学研究の現状と将来地学雑誌116
714-720
2272006/09/20大場忠道有孔虫の殻の酸素・炭素同位体比に基づく過去15万年間の日本海と鹿島沖の環境変化地学雑誌115
652-660
2262006/07/20鶴我佳代子能動監視による浜名湖周辺の非地震性すべり検出の可能性
2252006/06/20加藤幸弘大陸棚確定調査(のための科学的調査)について地学雑誌115
647-651
2242006/04/20伯野元彦最近の地震被害の特徴地学雑誌115
466-469
2232006/03/22遠藤邦彦アジア大陸沙漠域の自然環境変化と文明の興亡をめぐって-オアシスプロジェクトにおける研究成果を中心に-
2222006/02/20井上正澄石油探鉱のパラダイム変換と「ピークオイル」地学雑誌115
236-242
2212006/01/20鈴木淑夫宝石の話
2202005/12/20高橋雅紀フィリピン海プレートが支配する日本列島のテクトニクス地学雑誌115
116-123
2192005/11/18岩松 暉日本にもジオパークを!
2182005/09/20長谷川 均陸が変われば海も変わる-沖縄における大正期以降の土地利用変化とサンゴ礁浅海域の変化-
2172005/07/20齊藤靖二最近の地質年代区分事情
2162005/06/20歌田久司最近の地磁気研究について
2152005/04/20新妻弘明持続可能な文明への転換と再生可能エネルギーの利用拡大地学雑誌114
614-618
2142005/03/18鷺谷 威GPS連続観測で見る日本列島の地殻変動とその地学的意義
2132005/02/18矢島道子「地学史」のおもしろさ地学雑誌114
609-613
2122005/01/20鈴木康弘2004年新潟県中越地震が提起した活断層・地震防災の問題点
2112004/12/20酒井治孝ヒマラヤ山脈の上昇のテクトニクス地学雑誌114
113-117
2102004/11/19真鍋 真恐竜はいつどのようにして鳥になったのか?地学雑誌114
619-622
2092004/09/17俣野米治資源探査における衛星リモートセンシング技術の進歩地学雑誌113
878-881
2082004/07/20山岸明彦遺伝子からわかる生命の初期進化
2072004/06/18古部 浩(カンボジアの)アンコール遺跡とその修復地学雑誌113
539-544
2062004/04/20齊藤 隆中東の地理・地質・石油
2052004/03/19遠藤 毅東京臨海部における埋め立ての歴史地学雑誌113
534-538
2042004/02/20町田 洋日本旧石器時代研究の問題
2032004/01/20住 明正気候システム科学の現状と将来地学雑誌113
152-154
2022003/12/19都司嘉宣元禄地震(1703年)から300年を経過して
2012003/11/20三上正男タクマラカン沙漠における黄砂舞い上がりの観測
2002003/9/19増田富士雄地質時代の気候変動からみた現在地学雑誌114
87-90
三上岳彦過去1000年間の気候変動と21世紀の気候予測地学雑誌114
91-96
1992003/7/18蔵田延男並列直線で構成されている日本列島地学雑誌113
452-453
1982003/6/20成瀬 敏郎風成塵・レスからみた最終間氷期以降のモンスーン変動地学雑誌112
794-799
1972003/4/18高村 弘毅タクリマカン砂漠の環境変化と人間生活
1962003/3/20香村 一夫埋立地の地質と地球物理
1952003/2/20川端 僚二東京湾横断道および外郭放水路建設における高水圧下大口径長距離掘進のブレークスルー地学雑誌112
462-466
1942003/1/20串田 嘉男FM電波観測による地震予報の可能性について  
1932002/12/20西川 治榎本武揚(の事蹟)と開陽丸のルネサンス地学雑誌112
450-452
榎本 隆充榎本武揚のシベリア横断と遺品について(流星刀製作と「流星刀記事」/シベリア横断旅行と「シベリア日記」)地学雑誌112
453-457
石橋 藤雄徳川幕府最後の軍艦-開陽丸ルネサンス-地学雑誌112
458-461
1922002/11/19荒牧 重雄富士山噴火予知と火山ハザードマップの考え方
1912002/9/20平 朝彦未踏の海底下深部を目指して-最新鋭掘削船「ちきゅう」の挑戦-
1902002/7/19吉田 鎮男高レベル放射性廃棄物地層処分場選定の考え方地学雑誌111
782-785
1892002/6/20立平 良三富士山レーダーの設置と運用をめぐって地学雑誌111
779-781
1882002/4/19岩森 光地殻・マントルの水-その循環と火成・変成作用地学雑誌112
169-170
1872002/3/20渡辺 秀文三宅島火山活動の推移とマグマの動き
1862002/2/20松本 良メタンハイドレート資源と環境問題
1852002/1/18河村 雄行沈み込み帯におけるベントナイト吸水・固化域の役割-地震発生(・津波)に関(連)して(、原子レベルからの物質過程の理解のために)地学雑誌111
456-464
1842001/12/20土田 滋言語が消えるとき-台湾原住民の言語を例として(何が起こるか)地学雑誌111
141-143
1832001/11/20林 雅雄世界の石油産業とパワーポリティックス地学雑誌111
137-140
1822001/9/20小玉 喜三郎独立行政法人と地質調査所の改革(産業技術総合研究所「地質調査総合センター」-独法化と地質調査所の組織改編について)地学雑誌111
134-136
1812001/7/19橋田 俊之 超臨界岩体からの地殻エネルギー抽出の可能性
1802001/6/20入舩 徹男SPring-8に使った超高圧における鉱物相転移(における高圧地球科学の新展開)地学雑誌110
746-749
1792001/4/20渡邊 興亞南極氷床コアから見た気候変動
1782001/3/19今井 登地球化学図による元素解析地学雑誌110
454-458
1772001/2/20仲 二郎ハワイ諸島火山の海底地質
1762001/1/19宇井 忠英有珠山2000年噴火-表面現象の推移から噴火機構を探る-地学雑誌110
285-288
1752000/12/20木下 良古代日本の計画道路―世界の古代道路とも比較して―地学雑誌110
115-120
1742000/11/20茂木 睦ブータンの地質―いままでにわかったこと─地学雑誌110
449-453
1732000/9/20小島 圭二地下空間利用と地質工学
1722000/7/19井内 美郎 琵琶湖・霞ケ浦・バイカル湖の湖底(堆積物)ボーリング資料から見た環境変動地学雑誌109
809-815
1712000/6/20湯佐 泰久自然から学ぶ高レベル放射性廃棄物処分の智恵─ナチュラルアナログ研究のすすめ─地学雑誌109
805-808
1702000/4/20片平 忠實石油資源開発の現状と将来地学雑誌109
483-485
1692000/3/17杉田 英明イスラム文化と水時計
1682000/2/18井沢 英二よみがえる黄金のジパング
1672000/1/20久保 幸夫遺跡修復と地理技術─アンコール遺跡を例にして
1661999/12/20金原 啓司深部地熱資源の調査地学雑誌109
325-326
1651999/11/19徳山 英一深海活断層探査の最前線─東海沖を例として─
1641999/10/20小野 昭旧石器時代から縄文時代へ
1631999/9/20小澤 智生分子系統学─地球科学にとっての新しい手法<化石DNAなど>
1621999/7/19三上 岳彦最近の古気候変動─16世紀以降の詳細な気候復元
1611999/6/18大島 章一海底地形調査の歴史と現状地学雑誌109
474-482、3号口絵3
1601999/5/20磯崎 行雄日本列島の起源・進化・未来地学雑誌108
643-649、5号口絵3
1591999/4/20馬場 悠男モンゴロイドの起源と日本人地学雑誌108
340-342
1581999/3/19大江 守之日本と世界の人口予測
1571999/2/19鈴木 宏芳首都圏における深部地質構造と地震活動地学雑誌108
336-339
1561999/1/20坂巻 幸雄モンゴル─その人と大地と資源-地学雑誌108
197-199
1551998/12/21二瓶 直子国際寄生虫戦略と地理学との関わり-21世紀への展望地学雑誌108
193-196
1541998/11/20奥田 義久メタンハイドレート資源について
1531998/10/20脇田 浩二インドネシアの中生代(白亜紀付加衝突)テクトニクス地学雑誌107
914-917
1521998/9/18西谷 正考古学からみた邪馬台国論地学雑誌107
773-775
1511998/7/17浦辺 徹郎超高速拡大(軸)海嶺(東太平洋海嶺)の海底熱水活動-リッジフラックス計画の成果-地学雑誌107
770-772
1501998/6/19熊木 洋太新しい測量・地図技術と地学・地理学での利用 地学雑誌107
606-609
1491998/5/20大中 康譽せん断破壊スケーリング-実験室規模の破損から大地震まで
1481998/4/20岡本 隆貝殻の形をつくる-軟体動物の殻の理論形態学
1471998/3/20福岡 義隆中国における環境汚染問題(とエネルギー事情-酸性雨の長距離輸送-)地学雑誌107
601-605
1461998/2/20有田 正史日本の細骨材資源の将来
1451998/1/20石原 舜三極東ロシアの鉱物資源地学雑誌107
142-143
1441997/12/19三ケ田 均弾性波を用いた地下構造探査における技術と今後の動向地学雑誌107
308-313
1431997/11/20海津 正倫ガンジスデルタの地形と高潮災害地学雑誌107
137-141
1421997/10/20渡邊 興亞氷床コアが語る過去の気候・環境変動
1411997/9/19西村 昭海底堆積物と古気候の復元
1401997/7/18大村 纂全地球熱収支の新知見(全球の熱収支に関する新しい方法と知見)地学雑誌106
762-763
1391997/6/20西田 正憲異人たちの(が)見(てき)た瀬戸内海(の風景)地学雑誌106
760-761
1381997/5/20新藤 静夫砂漠の地下水(国の水探し-アラブ首長国連邦での調査から)地学雑誌106
756-759
1371997/4/18笠原 順三海底地震学の歴史と現状地学雑誌106
585-587、4号口絵4
1361997/3/19野呂 春文地質図を計算機で使う
柴崎 亮介GISとRSを利用した地球環境資源の評価-持続的な地球利用を目指して-
1351997/2/20田崎 和江バイオミネラリゼーションと地球環境地学雑誌106
458-460
1341997/1/20岩田 修二ヒマラヤの氷河変動(活動:ヒマラヤ山脈・チベット高原の氷河作用)地学雑誌106
302-304、2号口絵4
1331996/12/20遠藤 邦彦長江デルタの環境変遷
1321996/11/20伊藤 谷生低角中央構造線が提起する問題
1311996/10/18渡辺 秀文伊豆大島火山のマグマ供給システムと噴火活動の予測
1301996/9/20富樫 茂子最近の地質年代測定法の進歩についてのレビュー(の概要:イントロダクション)地学雑誌106
123-125
1291996/7/19武内 壽久禰中央アジアのウラン資源開発(、特に砂岩型ウラン鉱床)について地学雑誌105
666-667
1281996/6/20篠原 宏志火山ガス放出量が語るマグマの対流-薩摩硫黄島の地下で何が起こっているか-地学雑誌105 p668-669
1271996/5/20東 洋一手取層群の恐竜ならびにアジアの恐竜群
1261996/4/19小川 勇二郎海溝周辺の地形と地質構造地学雑誌105
407-408
1251996/3/20杉山 雄一兵庫県南部地震と活断層地学雑誌105
405-406
1241996/2/20山崎 俊嗣岩石磁気学と古環境・古気候の研究地学雑誌105
248-249
1231996/1/19古在 由秀宇宙の膨張と見えない天体(物質)地学雑誌105
246-247
1221995/12/20勝井 義雄昭和新山の誕生と有珠山の活動
1211995/11/20津 宏治衛星リモートセンシング技術の動向
1201995/9/20蔵田 延男伊豆半島の岩破砕帯の分布と地下水(-)温泉開発へ活用の計画(経過)地学雑誌104
906-907
1191995/7/20中田 節也溶岩ドームの噴火の多様性地学雑誌105
244-245
1181995/6/20武藤 正エネルギー資源としてのプルトニウム(-その裏表-)地学雑誌104
904-905
1171995/5/19藤井 紀之(一)地質家の見たトルコ共和国の風土と生い立ち地学雑誌104
793-796
1161995/4/20内田 欽介日本産業発展過程に於ける金属資源の役割-住友・別子鉱山の事例として-
1151995/3/20玉木 賢策日本海の形成テクトニクスPDF
1141995/2/20浜口 博之(東)アフリカ地溝帯のニイラコンゴ、ニヤムラギラ(火山)の最近の火山(噴火)活動地学雑誌104
625-626
1131995/1/20山崎 晴雄伊豆半島北縁プレート境界の第四紀地殻変動と地震
1121994/12/20西川 治近代科学技術の伝播者伊能忠敬-その新たな顕彰に向けて-地学雑誌104
163-164
1111994/10/20武田 弘固体惑星物質に関する最近の研究地学雑誌104
316-317
1101994/9/20堀田 宏最近の深海研究の進展
1091994/7/20鈴木 弘道山の高さを測る話地学雑誌103
595-596
1081994/6/20茅根 創珊瑚礁と地球環境変動
1071994/5/20渡辺 実ロスアンゼルス地震報告
1061994/4/20小疇 尚ヤルツァンポー(プラマープトラ)大屈曲部付近の自然地学雑誌103
433-434
1051994/1/20岩松 暉1993年鹿児島豪雨災害地学雑誌103
194-195
1041993/12/20萩原 幸男最近の(地球)重力(の場の)研究(の進展)地学雑誌103
192-193
1031993/11/19廣井 脩災害と情報
1021993/10/20石原 透これからの環境問題(の現状と)-資源開発とインド銅鉱山の実例(開発における環境影響調査について)地学雑誌102
899-900
1011993/9/20玉生 志郎トルコの地熱と風土地学雑誌102
897-898
1001993/7/20都司 嘉宣インドネシアフロレス島の地震津波について
991993/5/20寒川 旭地震考古学地学雑誌102
895-896
981993/4/20野上 道男人工衛星データによる世界の植生分布と気候指標の対応
971993/1/20土 隆一南太平洋の新第三紀イベント
961992/12/18平 啓介海洋の深層循環
951992/11/20川上 健三国境と外交
941992/10/20奥田 節夫バイカル湖の自然と国際研究協力の経過
931992/7/20小野寺 三朗火山活動と航空機の運航
921992/5/20福田 正巳ピンゴとアラス-永久凍土地域の生きている地形-
911992/4/20村野 徹高レベル放射性廃棄物処分の最近の動向
901992/2/20中島 輝允モンゴルの鉱物資源と風土
891992/1/20小屋口 剛博フィリッピンピナツボ火山1991年の噴火
881991/12/20早川 正巳地殻内深部の熱の挙動
下鶴 大輔フランス火山学者Maurice Kraft氏の遺作ビデオの紹介と雲仙普賢岳の噴火について
871991/11/20守屋 以智雄カナリア諸島(グランカナリア・テネリフェ)の火山
861991/9/20飯島 紀日本人の生い立ち
851991/6/20宇井 忠英西インド諸島プレー火山及びスフリエル火山噴火と災害
841991/5/20林  暉レアメタル資源の問題
831991/3/20不破 敬一郎環境科学と化学
821991/2/20坂上 澄夫パラオ島の今と昔
811990/12/20伯野 元彦フィリッピン地震による災害
801990/11/20服部 仁新建材としての岩石
791990/10/20大嶋 和雄東京湾の環境資源
781990/9/20増田 富士雄地層や化石中に記録されたリズムの解析
771990/7/20下鶴 大輔ラバウルの風土と火山
761990/6/20八幡 敏雄土壌圏の環境について
751990/4/20矢内 桂三南極の隕石を求めて
741990/3/20古在 由秀天文の話題
731990/2/20伊藤 和明サンフランシスコ地震の教訓
721990/1/20池田 安隆トルコにおける活断層調査
711989/11/20原田 宏海洋空間利用の実情と将来の動向
701989/10/20Eduard Sulstarovaアルバニアの風土と地震(英語)
691989/9/20堀田 宏潜水船による深海調査
681989/7/20西川 治世界の地図の中の日本
671989/6/20相馬 秀広中国ローラン遺跡及び周辺の自然環境      
661989/5/20末廣 重三アルメニア地震について            
651989/4/20石和田 靖章リモートセンシングの地質学における応用    
641989/3/20盛谷 智之海底金属鉱物資源研究の最近の動向       
631989/2/20松井 孝典比較惑星学からみた地球の起源と進化      
621989/1/20吉野 正敏世界の気候変動と日本の食糧・水・エネルギー  
611988/12/20溝上 恵最近の伊豆半島沖地震の実態とその意味     
601988/10/20青木 正博金と温泉-青森県恐山を例として        
591988/9/20徳永 重元花粉学から見た地球の歴史           
581988/8/20伯野 元彦地震動による液状化現象            
571988/7/20野上 道男南極半島附近の調査から            
561988/6/20砂川 一郎ダイヤモンドの天然と合成-最近の事情     
551988/5/20稲垣 益次諏訪市における温泉供給事業について      
541988/4/20池田 俊雄沖積層地盤における構造物基礎の問題      
531988/2/20吉田 栄夫南極に関する最近の話題            
521988/1/20竹林 陽一新しいエネルギーを求めて           
511987/11/20小野 有五中国青海湖・五台山周辺の周氷河地形について  
501987/10/20星野 一男石油地下備蓄について             
491987/8/20高崎 正義戦後の国土開発計画              
481987/7/20小畠 郁生恐龍に関する情報               
471987/6/20村野 徹放射性廃棄物の地層処理            
461987/5/20中村 一明伊豆大島で何が起きたか            
451987/4/20石原 舜三最近話題の金鉱床の話             
441987/3/20薩摩 晃ニジェールの風土とウラン資源         
431987/2/20佐藤 久ボリビアアンデス東山系の新しい火山地形    
421987/1/20佐野浚一東南アジアの錫花崗岩の物理的性質       
411986/12/20青木 斌海底のコバルトクラスト            
401986/11/20下鶴 大輔ラバウル、ポッツポリ、ロングバレーの3異変  
391986/10/20富田 堅二マレーシアの風土と産業(16㎜映画)       
381986/8/20浜田 隆士コロモ諸島でのシーラカンス
鈴木 直樹現地調査(1981、83)とその成果         
371986/6/20浜野 一彦富士山の素顔                 
361986/5/20野上 道男南米西部の気候と1983年エルニーニョ現象   
351986/3/20高柳 雄一ハレー彗星近接(来る)                
341986/2/20飯田 茂吉メキシコの鉱山事情と風土           
331986/1/20藤井 勲、坂巻 幸雄ガボンで発見された天然原子炉          
321985/12/20伊藤 和明メキシコ地震とコロンビア泥流災害       
311985/11/20石原 舜三華南の金属鉱物資源
301985/9/20橋本 亘フィリッピン、カラモワニ半島とカンダネス島の地質
291985/8/20蔵田 延男中華人民共和国の地下水,石炭,工業      
281985/6/20佐々 保雄青函から日韓へ                
271985/5/20本島 公司ケニアの地熱とブラックアフリカ        
261985/3/20木村 敏雄コノドントと地質構造             
251985/2/20高崎 正義、
金窪敏知、
大竹一彦
(1)最近の内外の地図学、(2)オーストラリア西部の自然と人文
241984/12/20伊藤 和明岩なだれと火山災害              
231984/11/20小村 幸二郎レアメタル資源について            
221984/9/20高島 清モロッコの風土と資源             
211984/8/20朝倉 正気候変動について               
201984/7/20松田 時彦活断層-最近の話題              
191984/6/20高柳 雄一太陽に環があった               
181984/4/20梅沢 邦臣海洋科学技術センターの現状−深海2000
171984/2/20武内 寿久禰液体包有物                  
161984/1/20河辺 宏最近の日本の人口分布と移動          
151983/12/20和達 清夫リモートセンシング(16ミリ)          
141983/10/20伊藤 和明キラウエア火山の噴火1983、土石流の記録1983、三宅島の噴火1982
131983/9/20矢内 桂三北極の隕石探査と氷床             
121983/7/20貝塚 爽平硫黄島の段丘と断層              
111983/6/20水野 篤行海洋底の熱水鉱床               
101983/5/20沢田 秀穂最近のタイ国事情               
91983/4/20橋本 好一カナダ、オーストラリア、アフリカ、中国の現状  
81983/1/20和達 清夫環境問題について(16ミリ)           
71982/12/20高橋 博関東直下型地震の予知情報           
61982/10/20池辺 穣石油開発の現状                
51982/9/20高坂 晴男地球化学探査法と地球化学図          
41982/8/20阪口 豊白頭山旅行談                 
31982/7/20金属事業団16ミリ映画あすを拓く鉱物資源、海を拓く、白嶺丸 
21982/5/20米倉 伸之ニューへブリディーズ群島の隆起珊瑚礁     
11982/4/20隅田 実ボリビアの最近の鉱業事情と風土        


■旧地学会館時代(資料がなく空欄が多数あります。情報をお持ちの方は事務局までご一報いただければ幸いです。)
年月日講演者講演題目開催報告
841969/5/10浜田 隆士ソ連地質巡検に参加して地学雑誌78
71-76、79 5号口絵
831969/4/12坂倉 勝彦ブラジル漫談
821969/2/8鈴木 秀夫エチオピアに暮らして
811968/12/14大町 北一郎コンゴの鉱業事情
801968/11/9森本 良平硫黄島の最近の隆起について
791968/10/12井島 信五郎最近の地質調査所の沖縄調査
781968/9/14貝塚 爽平・
北沢 右三
小笠原諸島の地学的・生態的考察
771968/7/13片山 信夫東京高速道路上に発見された軽石火山
761968/6/8田島 久ペルーの水産業地学雑誌76
4号口絵
751968/5/11大村 肇ネパール調査旅行談地学雑誌77
6号口絵
741068/4/13木村 敏雄独乙の古建築の石材と地質の関係
731967/11/11小松 彊岩手県松川の地熱発電の現況と試錐
721967/10/14阪口 豊山のできかた
711967/9/9河野 義礼日本の花崗岩の年代
701967/7/8関口 武乾いたブラジルとパラグァイ・ボリビアの日本人移住地の問題
691967/6/10神山 貞二ウラン資源をめぐる世界情勢
681967/4/8松野 久也チリの航空写真調査
671967/3/11福地 義憲ラオスの鉱物資源
661966/11/12森本 良平その後の松代地震
651966/10/8岩塚 守公IGUラテンアメリカ地域会議およびメキシコ巡検
641966/9/10木村 敏雄フィリピンの中央構造線と日本のFossa Magna等の地質構造の比較
631966/7/9江東 栄太郎石灰石について
621966/6/11川上 喜代四最近の海図と航空図
611966/5/14森本 良平松代地方の地質
601966/4/9山口 岳志カナダにおける地域構造
591966/3/12片山 信夫月に関する最近の知見
581966/2/12佐藤 久アンデスの北から南まで
571966/1/8岩生 周一・
平山 健
イランところどころ
561965/12/11斉藤 正次カナダの加里鉱床
551965/10/9大後 美保現在の韓国
541965/9/11村岡 誠日本の将来の鉄鉱供給地西オーストラリア
531965/8/14中野 尊正火星の地形について
521965/7/10大久保 大マレーシアおよびカムランの珪砂鉱床をたずねて
511965/6/12岡山 俊雄アメリカ合衆国の地形瞥見
501965/4/10
491965/3/13土屋 久郎オーストラリアの鉱業
481965/2/13高井 冬二第2次アムッド発掘
471965/1/9矢沢 大二東アフリカの自然地理
461964/12/12尾留川 正平欧米の食物とその地理的背景
451964/11/14飯本 信之マダガスカルの自然と人文・地質資源
441964/9/12保柳 睦美シルクロード地帯河川の縮小について地学雑誌74
1-12、55-75
431964/8/8西沢 章三郎東アフリカの鉱業事情
421964/7/11和達 清夫新潟地震について(森本・須貝・三土氏等補)
411964/6/13伊藤 和明アラスカ地震調査隊に同行して
401964/5/9西川 大二郎ブラジルの農村
391964/4/11中野 尊正防災的見地から見た土地条件の話
381964/3/14坂本 峻雄砂漠と水資源
371964/2/8
361964/1/11安芸 咬一東南アジア諸国の開発途上における諸問題地学雑誌74
45-51
351963/12/14立見 辰雄アフリカの資源地学雑誌74
13-33
341963/11/9桐谷 文雄電源ダムについて
331963/10/12川上 健三海洋制度における地学上の問題点
321963/9/14別枝 篤彦アジア各地の農村の伝統とその近代化の方向
311963/8/10蔵田 延男日本の水「悪口集」
301963/7/13赤瀬川 安彦インド・ゴアの近況
291963/6/8斉藤 正次ECAFE地質・鉱物資源会議とフィリピン
281963/5/11冨田 芳郎掘込式港湾と地域開発
271963/4/13渡辺 武男ソ連旅行談
271963/4/13辻村 太郎氷蝕礫
261963/3/9小林 貞一・
橋本 亘・
佐藤 正
タイ国地質古生物調査旅行談
251963/2./9大町 四郎
241963/1/12
231962/12/8中野 尊正
221962/11/10石和田 靖章イランの石油
211962/10/13小笠原 義勝国際地図学会議
201962/9/8松田 亀三カナダの銅鉱
191962/8/11堀越 義一
181962/7/14保柳 睦美シルクロードについて
171962/6/9片山 信夫
161962/5/12渡辺 光東南アジア地理学会議
151962/4/14
141962/3/10矢島 澄策日本歴史に示された水銀鉱床
131962/2/10新野 弘
121962/1/13竹内 常行地中海沿岸の稲作(付 佐藤氏スライド)
111961/12/9大炊御門 経輝アラビア石油
101961/11/11高井 冬二アムッド発掘
91961/10/14斉藤 正次アイスランド旅行談
81961/9/9
71961/8/12
61961/7/8
51961/6/10
41961/5/13早川 正巳インド・イラン
31961/4/8矢沢 大二・
佐藤 久
アンデス
21961/3/11
11961/2/4